【しだミニマリスト~リアルな生活お見せします~】その4:1日1食に挑戦して挫折したお話。

しだみ。

皆さんこんにちは、しだみ。です!

今回は私が1日1食に挑戦して、盛大に挫折したときのお話をしていこうと思います。

ミニマリストの方は1度は1日1食に挑戦したことはあるのではないでしょうか。食事も無駄を省いてミニマルにしてみようとか、健康のためにとか。

そんな方には今回の記事は共感してもらえることが多いと思うので、ぜひ最後まで読んでみてください。

目次

1日1食に挑戦、そして挫折

私はミニマリストになって色々とYouTubeを見ている時に、1日1食をしているミニマリストの方を発見しました。

その方は1日1食にしてから体の調子がよくダイエットにもなったと言っていました。初めの頃は辛いけど慣れてしまえば平気だとか。

しだみ。

え、何それ、めっちゃ気になる。私もやってみたい。

ということで私もさっそく1日1食をスタート。

1日1食スタート

1日1食をスタートした私ですが、食事に関しては全くの無知でした。そこでまずはYouTubeで見つけた人の真似をしてみることに。

食事のタイミングは18時頃に設定して、食事はそば、うどん、ガパオライスからチョイス。小腹がすいたら紅茶など液体で満たす。これが当時の私の食事スタイルです。

と、こんな感じで1週間ほど1日1食をしてみることにしました。

しだみ。

楽しみ!体にどんな変化があるかな。

さっそく問題発生

1日1食を始めて1日目にして問題が発生。お腹がすきすぎて集中できない。

朝昼何も食べないとさすがにきつかったし、私は大学生なので学食の前を通ると、もう…。しかも、18時に食事をしても寝る前にまたお腹がすいて眠れない。

さらに、常にお腹がすいている状態なので、何をやるにしてもご飯のコトばっかり考えて集中できず

と、こんな感じで1日目にして絶望感満載でした(笑)

しだみ。

1日1食やってる人すごすぎる…。

あと、1日1食しか食べられないので、1食の量がかなり多くなってしまい本末転倒みたいな感じになってしまいました。せっかく健康のために始めたので暴飲暴食してしまったら意味ないですよね。

それでも頑張ってみる

色々と問題は発生したものの何とか頑張ってみることに。

まずは我慢との戦いを制すために、お腹がすいたら寝る作戦に出ました。日中は大学などで忙しかったのでお腹がすいていても忘れることが出来ましたが、そのほかの時間は地獄でした。

なので、21時とかにお腹がすいた場合、かなり早いけど寝ることによって何とかやり過ごしていました。他には水を大量に飲んだり少しお菓子を食べたりも。

そんなこんなで、とりあえず1週間少しのズルをしながら1日1食達成。

しだみ。

かなりきつかった…。

次は1か月を目指す

何とか1週間1日1食で過ごせたので次は1か月を目指してみることに。

1週間の反省を踏まえて、18時の食事までにお腹がすいたら少量のお菓子は食べるようにして、暴飲暴食を避けるようにしました。

食事もそば、うどん、ガパオライスに限定せず自分の食べたいものを食べるようにしました。食事を固定化するのは楽でしたが、ちょっとストレスに感じたので8日目以降は好きなモノを食べるようにしました。

しだみ。

あと、お腹がすいたら寝る作戦は継続中。

8~14日目

1日1食生活2週間目。1週間目と変わらず毎日お腹がすいて常にご飯のことばっかり考えてました

さらに当時していたバイトが18時からだったので、バイト前にご飯を食べればバイト終わりにお腹がすいて、バイト終わりに食べればバイト中にお腹がすくといったように、食べるタイミングで悩んでいました。

しだみ。

バイトでまかないも出なかったので地獄でした(笑)

食事は弁当や外食中心になっていて、自炊をすることはほとんどなかったです。

15~21日目

3週間目は正直言って挫折寸前。

空腹にはだいぶ慣れてきたのですが、食べたいときに食べることが出来ないのは私にとってかなりストレスでした。

友達が昼を食べてるときに一緒に食べたり、コンビニで買い食いしたりできないのは学生にとっては結構きついです…。なので、たまに友達と学食を食べるなんてこともしてしまいました。

しだみ。

ちょい挫折しちゃいました(笑)

食事は相変わらず弁当や外食中心。

22~28日目

4週間目は盛大に挫折しました。

3週間目に友達と学食を食べたことを機に、1日1食は完全に諦めモード。私には向いていない。やめよう。

気づいたら食べたいときに食べる生活に戻っていて、1日2食の食生活になっていました。さらにお腹がすいて集中できないこともほとんどなくなっていて、めっちゃ元気になってました(笑)

しだみ。

暴飲暴食を除いて、食べたいときに食べるのが1番良い!

1日1食生活1か月を終えて

1日1食生活をして気づいたことがあります。それは、人によって向き不向きが激しいということ。

私みたいに食が大好きで友達と一緒に食事をしたいという人には正直言ってあまりおすすめできません。ただ、食にはそこまで興味がなくて基本的に1人の食事が多いという人はもしかしたら1日1食生活できるかも。

しだみ。

私は性格的にも生活スタイルにも合っていなかったようです。

1日1食はきついことも多かったですが、振り返ってみれば結構良いこともありました。例えば、体が軽くなったり食費が安くなるとか。

朝昼でしっかりとした食事をとると胃にモノが入った状態にあるので、体が少し重く感じます。しかし、朝昼を抜くと体が軽く感じました。個人的にですが。

それに加えて、1日1食にすると必然的に食費が安くなります。私は外食や弁当を買っていましたが、1日の食費は1日2~3食していたころよりも安くなっていました。

しだみ。

1日1食ができるとかなりコスパ良いですよね。

できると嬉しい1日1食。でも慣れるまでがきつすぎる。」といった感じが私の感想です。

おわりに:その4:1日1食に挑戦して挫折したお話。

今回は私が1日1食生活をして挫折したお話をしました。

1日1食ってできるようになればうれしいこと盛りだくさんですが、それまでの道のりがかなり厳しいです。

しだみ。

私は厳しすぎて途中で挫折してしまいましたが(笑)

とはいっても、みんながみんな私のような生活スタイルではないと思うので、興味をもった方は1度挑戦してみるのも良いかもしれませんね。あ、でも、挑戦するときはしっかりと調べて栄養管理に気を付けてくださいね

ということで今回はこの辺で終わりです。また次回もよろしくお願いします。

▼以前の記事はこちら▼

多くの方の目に留まるよう、下記ボタンのクリック協力をお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる