ミニマリストに買ってほしい収納家具はコレ!お洒落&使い勝手よし!

ミニマリストにとって、常に気になる最新の「収容家具」。シンプルライフをおくるミニマリストは、お洒落で使い勝手のいい収納家具を常に探しているものです。しかし、ホームセンターやスーパーマーケットのような量販店に足を運んでも、デザインと機能性のバランスを考えたとき、なかなかいいのが見つからないのが本音のところです。

そこで、今回は通販で買える良質かつミニマリストに合った収納家具をご紹介します。

目次

あまり知られていない収納家具を選ぶ重要なポイント

あまり知られていない収納家具を選ぶ重要なポイント

ミニマリストが収容家具を選ぶ際に重要視するのが見た目と機能的の有無ですよね。シンプルなデザインであるかどうかはもちろん重要ですが、実際使うに当たって、どれほどストレスを軽減してくれるかが大切。

ここでおすすめしたいのは「ドアや引き出しがないもの」です。例えば下記で紹介するラックは片側ドアや引き戸、引き出しタイプのものがありますが、わざわざ開けたり閉じたりするのは手間とストレスがかかります。ミニマリストは必要最低限の日用品しか置かないことをモットーにしているので、すべて裸で見せても見た目は気になりませんし、むしろシンプルさが際立って清潔な印象を与えてくれます。

収納家具① 台所キッチンはこのラック1つで賄える!「キッチンラック5段タイプ」

台所キッチンはご覧の5段ラックが非常に快適かつ便利。ただし、写真のように詰め込むのは見た目を悪くするのでおすすめできません。1段に対して1個。小物は2個程度に抑えておきましょう。シンプルデザインをより引き立てるコツとしては「広いスペースに対して小さな小物」です。スペースが埋まってしまうような小物の配置は望ましくないことを覚えておいてください。

収納家具② 一人暮らしならより利便性高い!2in1の「サイドテーブル」

収納家具② 一人暮らしならより利便性高い!2in1の「サイドテーブル」

続いてご紹介する収納家具は、こちらの小型サイドテーブル。「なんでテーブルが収納家具なの?」と思うかもしれませんが、こちらはご覧のようにデスクの隣に雑誌マガジンを収納できるスペースがついている2in1となります。ミニマリストの収納術として、「1つの家具家電で2つ以上の役割を」が重要なポイント。雑誌は10冊前後入りますので、意外と大きいです。デスクもノートパソコンを置くことができますので、ちょっとした在宅ワークにも使えます。

収納家具③ テレビ台は絶対に不要!大型テレビまで対応の「テレビスタンド」

収納家具③ テレビ台は絶対に不要!大型テレビまで対応の「テレビスタンド」

どうしてもテレビにはテレビ台を買ってしまいがちで、それはミニマリストも一緒。しかし、テレビ台は幅もとりますし、スピーカーやリモコン、ゲームのハード機、ルーターなどを置いて雑多にしてしまいがち。しかも、テレビ台の裏はコンセントの延長ケーブルやらほこりやらで混雑していて、とてもではないけれど人に見せることはできません。こちらのテレビスタンドは32~65インチまで対応。高さはもちろん角度まで調節できるすぐれものなので、「いつもこの位置だと光が液晶に反射して見えづらい!」といった悩みも解決してくれます。さらにキャスターつきなので、場所を移動できる点も魅力。40キロ以上に耐えることができるので、安定性も申し分ありません。

収納家具④ テレワークが増えてきた2021年の必須アイテム「デスクラック」

収納家具④ テレワークが増えてきた2021年の必須アイテム「デスクラック」

量販店やホームセンターではほとんど見かけないパソコン周辺機器。2021年以降も引き続きテレワークが増える見込みで、さらに自宅で本格的に副業を営むミニマリストもいることでしょう。どんなに整理しても、どうしても物が増えてしまいがちなのがパソコン周り。充電器や充電ケーブル、ヘッドホンにスピーカー、資料、雑誌、スチーマー、小型扇風機などなど、ガジェット系含めて雑多になってしまいがちです。そんな人におすすめしたいのが、こちらのデスクラック。デスクやパソコン周りが物で溢れてしまう大きな原因の1つが「立体的に整頓しないから」です。

どうしてもパソコンの横や後ろ、マウス周りなどに物を置きがちですが、もしこれらを『上』に置くことができれば、デスク周りの問題は一気に解決されます。また、スピーカーやプリンターは極力Bluetoothで無線接続するようにしましょう。

収納家具⑤ 通販サイトでしか買えない極み!新型クローゼットはハンガータイプ

収納家具⑤ 通販サイトでしか買えない極み!新型クローゼットはハンガータイプ

こちらのクローゼットは不織布ポリエチレン素材でミニマリストが重宝するグレーカラーが魅力。さらに、こちらのクローゼットの特徴は「据え置きだけではなく、吊ることができる」こと。写真上のように、物干しパイプに吊り下げることができるので、使い方によっては大きなスペースを確保することができますし、床の掃除も行き届きます。また、中段は箱無しなので、衣類を置けばすぐに取り出すことができます。冒頭でご説明したように引き出しがないのは非常に魅力。もちろん下段も箱を使わないで空で使うこともできます。

ミニマリストはよく吟味して収納家具を選ぶべき

ミニマリストはよく吟味して収納家具を選ぶべき

収納家具は安物であっても、それほどすぐに壊れることはありません。また、買ってから「やっぱり使わないかも」となってしまったら、捨てるのも大変です。そのため、長く使い続けることを考えて、事前にアイテム選びは時間をかけて吟味してください。ここで紹介した収納家具は、ミニマリストに絶対おすすめできるアイテムばかりです。是非、一度商品詳細をご覧になってください。

多くの方の目に留まるよう、下記ボタンのクリック協力をお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる