「50代ミニマリスト」食器とカトラリーはどのくらい持っているの?

断捨離してスッキリとミニマリストに暮らしたい!
そんなあなたに。

今日は50代ミニマリスト歴5年のわたしが使っている食器とカトラリーをご紹介します。
あなたのおうちのアイテムと比較してみてくださいね。

☆前回の記事はこちらです☆

あわせて読みたい
「50代ミニマリスト」下着と靴下はどのくらい持っているの?|ほぼ無印 先日、公開した記事はこちらでしたが「50代ミニマリスト」キッチン・トイレのマットを捨ててみた|タオルも厳選今日は50代ミニマリストが持っている下着と靴下をご紹介...
目次

50代ミニマリストの食器をカウント (夫婦2人分)

アイテムは何を持っている? 数・使用感などチェック

  • ご飯茶碗
  • お椀
  • 小皿
  • 長角皿
  • 大皿
  • 中深皿
  • 大皿(深皿)
  • ガラスウェア
  • マグカップ
  • コップ


1つずつ数は適正なのか、状態はどうか確認します。

ご飯茶碗・お椀 


1枚✕2人分✕2種類

夫婦2人分各々1つづつ厳選して選んでいます。

お椀はお揃いでインテリアショップで購入しました。
木製が欲しくて探しました。

ご飯茶碗は別々のもの。
気に入ったものを購入してもう長年使用しています。

わたしのご飯茶碗は中にもお魚の絵が書いてあり、
食べてる最中も楽しいもの。お気に入りの1つです。

大皿(平皿23cm)

1枚✕2人分

イッタラティーマのレッドとブルーです。

このシリーズはつるんとしていて深い色がお気に入りです。

マグカップと丼もお揃いで、色はレッド&ブルーORブラックで揃えています。
大抵のお料理はこのプレートで間に合うので 毎日ほぼ毎食使っています。

洋食にもぴったりで、トーストの時にもこれです。

大皿(深型)

1枚✕2人分

コシノジュンコ。
元々5枚あるのですが、夫婦だけなのでカレー等汁物の時のみの仕様です。
あまり使用しませんが出してないと不便なので出してあります。


これは正直、スタメンとして出していなくてもいいかなぁ。

丼(15cm)

1個✕2人分

使いやすいサイズで ちょっとした煮物や麺類はこれでじゅうぶんです。
飽きのこないデザインでつるっとした質感が大好きな1品。
2色でレッドとブラックを揃えています。

長角皿(12*16.5)

1枚✕2人分

ニトリ
魚や目玉焼きなど 多くないおかずにヘビロテ。

毎朝コレに目玉焼き・サラダを付け合わせて出しています。

大皿の次によく使うお皿です。
特に思い入れのあるお皿ではないので いつかお気に入りを見つけたい。

いまのところティーマにはこういうの無さそうなので いろいろ探してみたいです。

小皿

1枚✕2人分

ニトリ
お刺身の醤油・餃子のつゆ、お漬物などを乗せるお皿

ガラスウェア2種類

小 2個
中 4個

HARIO(ハリオ) 耐熱ガラス製 保存容器セット ホワイト 日本製 8個入り KST-5604-OW


ハリオのこの形が大好きで良く使います。

ガラスって便利ですよね。
ちょっとしたグラタンやヨーグルトを入れたり、サラダを入れたり、
見た目も涼やかで清潔なので大好きです。

蓋もあるので保存容器にも兼用できます。
めっちゃおすすめです!

マグカップ

1客☓2人分


これまたイッタラティーマの レッドとブルーで揃えています。

口当たりが好き。
見た目も好みです。
毎日これで本格的な珈琲を飲むのが至福のときです。

絶対にマグカップはお気に入りを使うべきだと思います!

充実した気分になれますよ。

ガラスコップ

3個


デュラレックス ピカルディ

丈夫で見た目もおしゃれ。
持ち心地も良いので壊れてもピカルディで購入しています。
(なかなか壊れませんが・・笑)


ちなみにお客様用は無くてですね、、同じものを出します。
ただガラスコップは2つだけだと使い勝手が悪いので3個置いています。

お箸

 6膳

木製が好きなので同じブランドで色違いの木製のものを6種類。
多いのか少ないのか・・
1日に1回しか食器を洗わないわたしにはこのくらいあれば安心です。


*関連記事*
毎日立つキッチンを快適にする極意!「ミニマリストなキッチン」

スプーン

大2本 小4本
(大・・ステンレス1・木製1)

木製が好きなわたしと嫌いな主人。それで、種類違いで2本になりました。

ちなみに木製のはダイソー。
他で探してるのですが、今のところダイソーのが1番いい感じ・・

小さいスプーンは無印のもの。
つや消しタイプが好きです。

フォーク

大1 小4

パスタをお昼に食べるわたし用に1本だけ。
お気に入りの木製ですが、黒ずんでいました。

フォークの小はこれまた無印のつや消しタイプ。

50代ミニマリストが「食器」をアイテム別に確認したらいいこと。

自分たちにはどのくらいの量が適正なのかな?

全部使っている?

状態は大丈夫?

本当にお気に入り?

食器を全て改めて見直してみて、変えたいと思うことが出てきました。

大皿(深皿)→2軍の場所へ移動
長皿→いまひとつ気に入っていないことに気づく。→探す楽しみができた!
そして1枚割ってしまった(ちょうど探すタイミングが来た!)
フォーク大買い替え1
スプーン大木製→ダイソー以外にもっとお気に入りを見つける。
中深皿あまり使用していない&丼で代用できるので2軍へ。

今回、こうやって改めて食器やカトラリーを確かめてみて、
まだ滿足していないことに気づきました。

食器やカトラリーも
適正量を回して、気持ちよく使い切る生活。


気に入りの少数精鋭で過ごす生活は とても満足感があって気持ち良い生活です。

思い起こせば若い頃は100円均一ばかり使用していました。
40
代半ばくらいからかな・・お気に入りを揃えれるようになったのは。

正直、新しければ案でも良かった若い頃。

でもだんだん、少しでいいから上質なもの、
お気に入りが欲しいと思うように変化していきました。
子どもが手を離れて余裕ができたということもあるのかもしれません。


少しでもいいからお気に入りに囲まれる生活ってほんとうの意味で上質です。

50代はミニマリストな生活をはじめるのに、
ちょうど良い時期なのかもしれません。

あなたも生活を見直してミニマリストになりませんか?

続けていくと住まいが快適でスッキリとした空間になりますよ。

関連記事☆
「50代ミニマリスト」キッチン・トイレのマットを捨ててみた|タオルも厳選

このサイトでは複数のミニマリストライターがいろんな知恵を発信しています。
ぜひ、活用してあなたの生活に取り入れてみて下さいね!

では。
ミニマリスト歴5年のアオイでした。

多くの方の目に留まるよう、下記ボタンのクリック協力をお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる