毎日立つキッチンを快適にする極意!「ミニマリストなキッチン」

最近よく聞くミニマリストですが、いろんな方におすすめしたい暮らし方の ひとつです。
ミニマリストの基本は「持たない暮らし」です。

ですが、そこまで極端にしなくても 一部を取り入れるだけでも随分快適な暮らしができるようになります。

今回は特に 「主婦の方に試していただきたいキッチン」 について
ミニマリスト歴5年のわたしが実践しているいくつかをご紹介いたします。

応用すれば より快適に暮らすことができるようになりますよ。

目次

毎日立つキッチンを快適にする極意!「ミニマリストなキッチン」

 1日に一回だけはリセットする

毎食後きちんと3回すぐに片付けるのがもちろん1番いいです。
それはわかっています。ですが・・・みなさんどうでしょう?
やる気が起きない日ってありますよね。

実はわたしは食器を洗うのが大嫌いです。
なるべくなら食器洗いを誰かに替わってもらいたいタイプです。

現在は夫婦二人きりで食器もそんなに多くないのですが とにかく食後の皿洗いが本当にイヤ。

そんなわたしがやっている サクサク進む食器洗いの方法をお伝え致します。

嫌いなことは何度もやらない。


色んな考え方があると思います。

少ないうちにさっさと片付けるっていう手もあると思います。

でも・・・キライな家事を何度もするのは苦行ですよね・・・
なので1日分の食器を一回でまとめて洗うようにしています。

わたしの食器の洗うタイミングはこうです。

夕食を作る時に 例えば鍋をかけながら 待っている時間に食器を洗います。
わざわざ「洗う」という時間をもうけません。
(だから片付けないのかもですが・・)

タイミングを逃してしまった日には なんと!次の日の朝に洗います


キャー!という声が聞こえてきそうですね。
でも本当にそうしているのです。

夜が弱く、朝が強いのです

夕飯を食べた後は 家事なんてなんにもしたくなくて、食器を見ても無視しています。
ですが、朝はなぜかサクサクと洗うことができます。

以上のように 

自分の得意な時間を見つけて 食器を洗うということを 決めてしまってもいいと思います。

お姑さんと同居だったり旦那さんが細かい方だと それも難しいかもしれませんが、、
なんとかなる場合は

食器洗いが苦手な人は 1日に一回はリセットすると決める

そうすると罪悪感もなくなります。(明日の朝するからね、と横目で食器を見て話しかけてます 笑)

エコの観点からも良いような気が致します(⇛どうでしょう?)

神経質でない方は一度試してみてくださいね。
真夏などはミスターGの問題もありますから 比較的涼しい季節に限られますが。


食器はご飯を食べてからすぐ洗うもの。
毎食後しっかりと洗うものって誰が決めたんでしょう?

別に朝だけスッキリでもいいのではないでしょうか?

そういうのもアリなんだと気づくだけでも気が軽くなりませんか?

食器を少数精鋭に絞る

食器洗いが苦手=食器を絞る 

やみくもに食器を棚に詰め込んではいけません。
詰め込んだ分だけ、食器を出すのにも労力がかかり 面倒に感じてしまうのが人間なのです。

工程はなるべく少ないほうがいいのです。

我が家には食器は数えるほどしかありません。
夫婦二人なので息子たちが独立した時点で どのお皿も器も大体2枚ずつに減らしました。

今はいつも使う以下がぜんぶ二つずつあるだけ。

平皿23cm
中くらいの丼(うどん・ラーメンもOK・煮物も)
細長くてコンパクトなお皿
ご飯茶碗・味噌汁茶碗
マグカップ
ガラスコップ

ほかにガラスの小さい器が数枚あります(保存容器にもなるのでとても便利です)
食器を少なくしてから 皿を取り出したり、お料理を並べたりするのがラクになりました。

今まで「どの皿に並べようか」と迷う時間があったのだと気付かされました。
選択肢がないのは脳にもラクです。

とにかく数が少ないので 洗わないと使えないというデメリットを生かし、すぐにその場で洗って使います。
(洗い物が苦手でもこれで強制的に洗えますよね 笑)

奥の物を取るのに前のものをどかさなくてもいいし、「この料理にこの器」ということもなく 万能なものとして使っています。

はっきり言ってノーストレスです。

お客様がいらっしゃった時には それ専用のお茶碗を出しますが(それもかなり少数です)
特にキッチンに置いておく必要がありません。

パントリーなどに置いておけばいいのです。
キッチンもすっきり片付きますよ。

これも簡単なことなのですぐにでも実践できますね。

調理器具も減らそう

我が家には何とやかんがありません。必要がないからです。
お湯を沸かすときにはフライパンを使っています。

また天ぷら鍋もありません。これもフライパンで兼用。
卵焼き器もしかり。

全部フライパンでまかなえます。

お鍋や煮物もフライパンで作ります。万能です!

おすすめは28 CM のちょっと深型
ほぼ全ての調理ができると思います。

ほうれん草を茹でるのにも毎回フライパンでササッとやっています。 

好きな調理器具も絞ったほうが 生かされるというものです。

まとめ// 毎日立つキッチンを快適にする極意!「ミニマリストなキッチン」

以上わたしがやっているミニマムなキッチンをご紹介しました。

1.1日に1回はキッチンをリセットする

2.食器を少数精鋭にする

3.調理器具を減らす

これらを守ってキッチンを整えれば 今より快適な生活が待っています。

不便を感じた時に

「何か買い足すのではなく、あるものでまかなえないか」

そう考えるのがミニマリストな生活の第一歩です。

探し物も減ってストレスも減ります。
台所がすぐぐちゃぐちゃになるよっていう方は できることから取り入れてみられることをオススメ致します。

多くの方の目に留まるよう、下記ボタンのクリック協力をお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる