【持たない暮らし】で心地よい暮らしを叶えよう!

本当に自分にとって必要かどうかを見極め、それ以上は増やさない、または処分する習慣を身に着けてこそ、シンプルな暮らしを手に入れられます。 

持ち物をシンプルにすることで、お部屋も心もスッキリし、心地よくなります。

みなさんも、「持たない暮らし」を是非!はじめてみませんか?

目次

1.”捨てながらしまう”ようにする

物をしまうときには、”ごみ箱を持ちながら片付ける”のがオススメです!

これはしまう?捨てる? と、普段から意識して収納する癖が身につくようになるといいですね◎

また「処分する用」「人にあげる用」と分けて物を置いておけるスペースを設けておくの良いでしょう。

物の行き場が決められていれば、不必要な物を持ち続けることもなくなります。

2.自分の中で”ミニマムリスト”をつくる

自分のライフスタイルに合わせて、ないと絶対に困るもの”だけ”をリスト化し、自分だけのミニマムリストをつくることをおすすめします◎

そうすることで、自分にとって必要ないものが見えてくるでしょう。

例えば、服はクローゼットに入る分だけにします。

なかなか絞るのは難しいかもしれませんが、減らす努力をしなければ、服は増えつづける一方になるからです。

3.毎日使うものには、「質」のいいものを

最小限に物で暮らすには、持ち物を厳選しなければいけません。

たとえば食器などの、毎日使うものであればなおさらです。

お客用にと購入した、ちょっと質の良い食器、使わないでしまったままではないでしょうか?

ですが、来客が来る日は、年に数回程度だとしたら、お客さん用の食器は必要ありません。

その代わり、毎日使うものだからこそ、高くても好みなものを使うようにするといいでしょう◎

4.ストックはしない!

よく特売日になると、ラップやティッシュなど日用品を大量に買い込み、必要以上の量をストックしている方が多いのではないでしょうか。

「ストックがあると安心」といった心理から、つい大量購入しがちですが、なんでも一日で使いきってしまう事はまれだし、なくなったら足せばいいのです。

例えば非常食の缶詰なども、賞味期限をまめに確認して、”使いつつ足す”、を繰り返しましょう◎

また無料でもらえるティッシュやビニール袋も、ストックする量を決めて、それ以上増やさないようにしましょう。

5.「借りる」「代用する」で済ませる

まず積極的に取り入れて欲しいことは、「借りる」「代用する」という方法を、頭に入れておいて欲しいことです。

たとえば、普段あまりミキサーを使わない方なら、貸してくれる人を探してみたり、トースターで作るものはグリルで”代用する”という方法もあります。

\「持たない暮らし」でお部屋も心もスッキリさせよう!/

created by Rinker
¥1,386 (2021/09/22 03:37:48時点 Amazon調べ-詳細)

*まとめ*

いかがでしたでしょうか?

「持たない暮らし」は「節約生活」ではありません。

本当に自分にとって必要なもの、好きなものだけに囲まれて暮らすことこそが、心地良い暮らしが叶えられるのだと思います。

今回ご紹介した「持たない暮らし」の条件を参考にし、あなたも心地よい暮らしをはじめてみませんか?

多くの方の目に留まるよう、下記ボタンのクリック協力をお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる