ミニマリストが持つべきはパソコン?タブレット端末?本当に便利なのはどっち!

ミニマリストが持つべきはパソコン?タブレット端末?本当に便利なのはどっち!

パソコンはミニマリストの生活にとっても非常に重要な役割があります。しかし、少しでもスリムに生きたいミニマリストの中には、「パソコンはかさばるからタブレットの方がいいのかな?」と考えている人も多いようです。そこで、今回はミニマリストが持つべきパソコンに関してご紹介します。

目次

ミニマリストもパソコンは必須の時代に。単なる暇つぶしではなく生活の必需品に

ミニマリストもパソコンは必須の時代に。単なる暇つぶしではなく生活の必需品に

ミニマリストの多くはパソコンを1台持っていることでしょうが、「今のパソコンが古いから買い替えたいけど、タブレットの方がいいかな」と考えている人もいるかもしれませんね。昨今はビジネススタイル、ライフスタイルの多様化も進み、職場を選ばないノマドやテレワーカーも増加していますし、自宅で仕事をするフリーランサー・個人事業主もミニマリストの中には少なくありません。

今現在は会社に出勤するサラリーマンの方も、コロナウイルスを機に自宅で副業を始める人もいるでしょうし、うまくいけば本業に転身することだって夢ではありません。パソコンを買い替える機会は5~10年に1回程度となるので、数年先を見越して、どのようなスペックのパソコンにするのか、はたまたタブレット端末にするのかを吟味するといいでしょう。

ミニマリストはタブレット端末ではなくパソコンがおすすめの理由

ミニマリストはタブレット端末ではなくパソコンがおすすめの理由

ミニマリストの中には、スマートさを重要視して、パソコンではなくタブレット端末で済まそうとする人もいます。しかし、タブレット端末はタッチ操作は非常に優れていますが、あくまでもネットサーフィンなどの情報収集を目的とした閲覧型の電子機器です。キーボードを付ければ早いタイピングにも対応することはできますが、打鍵感がなく早くタイピングするのに苦労するかもしれません。また、ブラウザを複数立ち上げると途端に落ちてしまったり、WEBサイトによってはタブレット端末でのレイアウトが崩れてしまうこともあります。

基本的なスペックは当然のことながらパソコンの方が遥かにいいので、仕事で使う可能性があるのであれば、間違いなくタブレット端末よりもパソコンがおすすめとなります。タブレット端末を使っているミニマリストも少なくはないのですが、「キーボードの打鍵感が欲しくてパソコン向けのものにしたけど、そしたら重量的にノートパソコンとあまり変わらなくなった」なんて声も聴きます。パソコンとタブレットの違いは、結局バッグに入れて持ち歩いたときにどちらがかさばらないか、となりますので、仕事モードのときは素直にノートパソコンを使うのがおすすめです。

ミニマリストにおすすめしたいパソコンとはどんなの?

ミニマリストにおすすめしたいパソコンとはどんなの?

では、ミニマリストにおすすめしたいパソコンはどのようなスペック・機能をもったものなのでしょうか。

  • CPU:Intel Core i5
  • RAM:8GB
  • SSD:256GB
  • USB端子:
  • USBポート:2個
  • SDカード挿入口

上記はできれば必須としてとらえていただきたいパソコンスペックです。CPUが低いと単純にパソコンの処理能力が低くなります。現在はIntel Core i9まで出ていますが、通常の仕事で使う分にはi5で問題ありません。また、昨今は大切な写真や情報、動画はクラウドに保存するのが常識ともなりましたが、オフラインで作業するためにはローカルに落とす必要がありますので、すべてのデータをローカルに落としてクラウドと同期する場合は、データの容量分がパソコンで必要となってきます。動画やフォトショップ、イラレなどをやらない方は125GBでもいいかもしれません。また、昨今はネットで情報のやり取りをすることが多くなってきて、USBポート不要論なども出てきましたが、実際はまだまだ現役で使う場面が多々あります。

パソコンを相棒に。ミニマリストの生き方

パソコンを相棒に。ミニマリストの生き方

新型コロナが落ち着いたあとも、会社のテレワーク化はおそらく変わらないでしょうし、ネット集客にさらに力を入れる企業が増えてくることは間違いありません。そのため、自宅を職場にするノマドやフリーランスも多くなることでしょう。ミニマリストの中にも「スーツを着る生活をはお別れしたい」と考えている人は、是非パソコンを相棒にニューライフを手にしてみてはいかがでしょうか。

多くの方の目に留まるよう、下記ボタンのクリック協力をお願いします。

ミニマリストが持つべきはパソコン?タブレット端末?本当に便利なのはどっち!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる