WEBライターとして月収5万円を稼ぐならEnthrall講座がおすすめ!

コロナウイルスが猛威をふるう中、副業を探しているビジネスパーソンや主婦の方も増えてきました。会社に依存しない安定した生活をおくるためには、手に職を持つのが一番。そこで、資格の要らない誰もがはじめることができるのが「WEBライター」です。

今回ご紹介するWEBライターの講座は、ウェブメディア事業をメインとした株式会社Enthrallが提供するサービス。基礎的な情報はオンライン授業ですが、記事の添削から案件受注まで、zoomを介して講師から直接バックアップを受けることができます。

目次

コロナウイルスを受けて2021年以降に求められるのは「自分で稼ぐ手段」

コロナウイルスを受けて2021年以降に求められるのは「自分で稼ぐ手段」

2020年より猛威を振るっているコロナウイルスの影響で、失業者数は200万人を突破。さらにビジネスパーソンの4割近くが給与の削減や賞与のカットを受けているとのこと。たとえコロナが落ち着いたとしても、当面はリーマンショックを超える不況が続くともいわれています。

そこで、2021年以降のニューノーマルの時代を生き抜くためには、会社に依存しない「自分で稼ぐ手段」が必要です。会社に給与カットや雇用整理に遭ったとしても、住宅ローンの支払いや子供の学費、貯蓄などに不自由しない生活をおくるためには、自分でお金を作る手段を手に入れるのが失敗しない人生の選択と言えるのではないでしょうか。

資格なし、スキルなしでも誰もがお金を作ることができる「WEBライター」とは

資格なし、スキルなしでも誰もがお金を作ることができる「WEBライター」とは

在宅ワークとして知られるWEB制作やイラスト制作などは、いずれも一朝一夕では取得できないスキルが必要です。そのため、パソコンを活用すれば稼げると知ってはいるものの、事務職や営業職といった一般職に従事している人は、なかなかとっつきにくい副業となります。

一方でWEBライターは日本語ネイティブであれば、特別な資格やスキルは必要なく始めることができます。2010年代には職場を持たない「ノマドワーカー」が流行りましたが、その際に「トラベルライター」含むWEBライターが大きな注目を浴びました。

WEBライターを副業に。誰でも月5万円稼げるのは本当か

WEBライターを副業に。誰でも月5万円稼げるのは本当か

では、肝心のWEBライターを副業にしたとき、誰でも月5万円を稼ぐことはできるのしょうか。結論から言うと、「十分可能」です。しかも早ければ翌月もしくは翌々月から稼ぐことができます。ただし、それには下記の条件が伴います。

  1. クラウドソーシング(マッチングサイト)の有効活用及び、自分が採用されるテクニック
  2. ネット集客を目的としたSEO対策の知識
  3. 数千文字をコンスタントに書き続ける執筆の技術
  4. 記事単価を上げる交渉術

文章は日本語ネイティブならば誰もが書くことができますが、1000文字の記事に3時間も4時間もかかってしまっては、月5万円をWEBライティングで稼ぎ出すのは困難です。WEBライターは誰でも始めることができるため、その分ライバルとなるライターより頭一つ抜き出るためには、他のライターが知らない技術が必要となります。

「最短最速で月5万円を稼ぐライティング講座」の概要と強み

株式会社Enthrallが運営元の「最短最速で月5万円を稼ぐライティング講座」は、同社代表が直接教壇に上がる贅沢なオンライン講座。代表の佐藤氏は60名以上のWEBライターの育成を手掛け、自身の記事単価はなんと6万円。これは誰もが知る著名人の原稿料とほぼ同等です。その佐藤氏が提供するWEBライターの講座は、トータルで7時間以上。しかも、一度講座に申し込んだ方は、サポート期間終了後も引き続き再視聴がいつでも可能。

>>「最短最速で月5万円を稼ぐライティング講座」の詳細・お申込みはこちら!

WEBライターで月5万円を稼ぐってどのくらいの難易度?

WEBライターで月5万円を稼ごうと思った場合、どのくらい難しいのでしょうか。例えば1文字1円の文字単価の記事を受注した場合、1記事3000文字=3000円だとしたら、およそ17記事で5万円を達成することができます。平日1日1記事書くだけで達成されるほか、1日2記事書くことができれば、10日以内に5万円を稼ぐことができる計算となります。

3か月みっちりとフォロー。zoomを介して二人三脚で案件の受注へ

「最短最速で月5万円を稼ぐライティング講座」はオンライン授業だけではなく、3か月間のバックアップサービスがついています。期間中であればzoomで何度でもプロのWEBライターと打ち合わせや相談が可能。もちろんマンツーマンなので、誰に気を遣うこともありません。案件がなかなか受注できないのであれば、実績豊富のプロライターからアドバイスを貰ったり、自分の書いた記事やプロフィールを添削してもらうこともできます。

>>どこよりも早く、確実に稼げるWEBライター講座を確かめて

年々需要が拡大しているWEBライター職。副業から本業へも夢じゃない!

年々需要が拡大しているWEBライター職。副業から本業へも夢じゃない!

コロナウイルス以降は、密を避けるため、これまで以上にネット集客が重要となります。企業の実施するSEO対策において、「記事は王様」と言われるように、良質なコンテンツの制作がサイトの発展には必要不可欠。プロのWEBライターからしっかりとコンテンツの制作方法を学び、どのような手順で案件を受注すればいいのかを学習することができれば、月5万円とは言わず、本業並みに稼ぐことも十分可能となります。是非、Enthrall社の「最短最速で月5万円を稼ぐライティング講座」をお試しください。

多くの方の目に留まるよう、下記ボタンのクリック協力をお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる