ミニマリストの普段の料理・レシピの考え方

ミニマリストは普段どのような料理・レシピを考えていますか。シンプルライフや断捨離を求めるあまり、料理まで簡素になってはいませんか。贅沢な料理は必要なくとも、健康的で美味しい料理を作ることは、幸福な人生を求めるための重要な要素となります。

目次

ミニマリストが日ごろ食べる料理はどんなの?

ミニマリストが日ごろ食べる料理はどんなの?

ミニマリストの食べる料理といえば、「質素」、「あまり凝っていない」、「生命活動に必要な最低限の料理」などと誤解をされがちです。しかし、ミニマリストは日ごろ他者からそう思われがちなので、むしろ料理に凝っている人が多くいます。ミニマリストの料理は多くの人が関心があるので、インスタやブログに載せるとフォロワー数の増加も見込めます。

ミニマリストといっても精進料理やベジタリアンのような料理を日ごろ食べている人は少なく、それでいて栄養には気を付けています。男性の一人暮らしであっても、添加物をたくさん使っているコンビニ弁当はほとんど口にしませんし、その代わりにスーパーで総菜を買って栄養を補給します。部分的にサプリメントで栄養を補う人もいますが、基本は食事による経口摂取を目指しています。

ミニマリストは必要に応じて缶詰も効果的に料理に使う

ミニマリストは必要に応じて缶詰も効果的に料理に使う

缶詰と聞くと、レトルトやお弁当のような健康や栄養補給よりもお腹を満たすことに前提をおいた食品としてとらえられがちです。しかし、缶詰の中でも魚の缶詰は実は新鮮な焼き魚よりも栄養補給に向いていると言われています。例えば魚介の缶詰として真っ先に思いつくサバ缶は、サバを調理後に真空状態で缶に装填して密封することによって、細菌が繁殖することなく缶詰の中でじっくりと栄養が溶け出します。そのため、サバの身だけではなく、骨やスープも栄養満点です。一方で焼き魚の場合は魚の栄養の大半は脂にのって網の下にたれ落ちてしまうと言われています。

缶詰はそのまま食べることができるだけではなく、料理の具材としても向いており、また災害時の非常食としても重宝します。1週間分ほどの量をまとめ買いしておくのもおすすめです。料理のレパートリーも大幅に広がることでしょう。

ミニマリストの料理は、作り置きよりも献立を決めるのがおすすめの理由

ミニマリストの料理は、作り置きよりも献立を決めるのがおすすめの理由

ミニマリストの中には、数日分の料理をまとめて作り置きして冷凍庫に入れておく人もいますが、それだと冷蔵庫の中身が常に一杯となってしまいますし、数日同じ料理を食べ続けなければなりません。それよりも、予め一週間分の献立を決めて、それに沿った食材を買い物すれば、毎日違う料理を食べられますし、献立を考える楽しみもあります。

また、余った食材はまとめて一口大にカットして、ジューサーかミキサーにかけて野菜ジュースとして摂取するのもいいでしょう。糖度の高い果物と豆乳や牛乳を少し多めに混ぜれば、野菜は何であっても味に失敗することはそうありませんのでご安心ください。

昨今流行りのオンライン料理教室に参加してみるのも

昨今流行りのオンライン料理教室に参加してみるのも

料理を学ぶ際は、ネットを活用してレシピサイトやYouTubeのような動画サイトをみて研究する人が多いはず。もちろんサラダクラブのよな料理雑誌も相変わらず人気がありますね。その一方でミニマリストにおすすめしたいのは、昨今のブームである「オンライン料理教室」です。新型コロナ以降はどっとこの手のサービスを提供するサイトが増えてきましたね。配信者の多くは単なる主婦ではなく、料理教室の先生であったり、現役のシェフであるため、本格的な料理を学ぶことができます。サイトの中には、視聴者側から質問できる場合もあるので、自宅に居ながらにして臨場感は抜群です。

料理に関心がないミニマリストも、一度試してみては

料理に関心がないミニマリストも、一度試してみては

これまで料理にはまったく関心を持てなかったミニマリストも、昨今の新型コロナで自宅にいる時間が多くなっていることでしょう。時間を持て余しているのであれば、一度本格的料理を学んでみてはいかがですか。案外はまるかもしれませんよ。

多くの方の目に留まるよう、下記ボタンのクリック協力をお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる