ミニマリストの食事はコンビニでもあり?おすすめの献立

ミニマリストの食事はコンビニでもあり?おすすめの献立

ミニマリストの多くは日々の食事も健康に気を遣うとともに、食費の節約に励んでいることでしょう。自炊をするのが基本と考える人も多いですが、社会人であれば多忙を極め、ときにはコンビニで食事を調達を……なんてこともあるでしょう。そんなときに、コンビニの食事でおすすめの献立をご紹介します。

目次

コンビニの食事が健康に悪いといわれる理由

コンビニの食事が健康に悪いといわれる理由

そもそもコンビニの食事が健康に悪いといわれるのは、コンビニのお弁当やおにぎりなどに含まれている防腐剤などの添加物が原因です。また、お弁当はおいしい味わいを出すために脂質や塩分が多く含まれ、腐らないように揚げ物の食事が並んでいます。これらを食べ続けると、肥満や高血圧、糖尿病が発症してしまう危険性を孕んでいます。

ミニマリストがコンビニで健康的な食事をとるポイント

ミニマリストがコンビニで健康的な食事をとるポイント

ミニマリストは普段から気を遣って健康生活をおくり、はたから見ると質素な生活に見られています。「あの人健康大丈夫かな?」と思われてしまうと、ミニマリストが悪くみられてしまいますので、やはり食事には気を付けたいところ。

コンビニの食事で健康を維持するポイントは、不明な添加物が含まれていない食事をとることです。基本的に食品に詳しい人でない限り、成分表示で添加物の表記があっても、それが身体にどの程度悪影響なのか分かりませんよね。それであれば、添加物自体がほとんど含まれていない食事をとるのがおすすめです。

コンビニではできるだけ見た目がそのままの食事を。加工されているものは危険

コンビニではできるだけ見た目がそのままの食事を。加工されているものは危険

例えばソバやうどんといった麺類、食パンには添加物はほとんど含まれていませんので安心して食べることができます。1日に必要な栄養をとるのは難しいかもしれませんが、コンビニ食事の健康被害を心配することは最小限に留めることができます。

また、それ以外にもフルーツやミックスサラダのような生野菜も安全です。ポイントは見た目で原材料が分かるものが、加工が最低限しかされていないと判断することができます。さらに目を向けたいのはお弁当ではなく「缶詰」。いわし缶、サバ缶などは血液をさらさらにする効果があるので、肥満や高血圧の予防にも繋がります。

コンビニ食事の代表!おにぎりはダメ?

ミニマリストの間でも好きな人は多いのではないでしょうか。コンビニ食事の代表となるおにぎりはどうなのでしょうか。実はおにぎりには6~13ほどの添加物が含まれているので、決して安心できるわけではありません。その中でもまだ少ないのは鮭と昆布。一方で多いのは明太子とシーチキン。シーチキンはマヨネーズ自体にも添加物が含まれていますね。

ミニマリストはコンビニで食事もたまにはあり。でも栄養を摂取するのは難しいことを覚えておこう

ミニマリストはコンビニで食事もたまにはあり。でも栄養を摂取するのは難しいことを覚えておこう

社会の荒波に揉まれているミニマリストも、たまにはコンビニで食事をするのもいいでしょう。しかし、コンビニ食事では必要な栄養をとることは困難となりますので、あくまでも緊急用。また、コンビニで食事をとる場合は、先に説明したように添加物がなるべく少なく、加工されていないもの、そしてサバ缶などを積極的に食べるようにしましょう。

多くの方の目に留まるよう、下記ボタンのクリック協力をお願いします。

ミニマリストの食事はコンビニでもあり?おすすめの献立

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる