ミニマリストがパートナーと2人暮らし。絶対にしてはいけない注意点

ずっと一人暮らしでシンプルライフを続けていたミニマリストも、パートナーと2人暮らしをすることになったら、いろいろと制約がでてきたり、生活の中で注意しなければならないポイントもでてきます。そこで、今回はミニマリストが2人暮らしを始めるにあたっての注意点をご紹介します。

目次

ミニマリストがパートナーとうまくいかない場合は多々ある

ミニマリストがよくパートナーとうまくいかない場合は多々ある

ミニマリストがおくるシンプルライフは、断捨離が非常に重要となってきますが、2人暮らしをはじめると、物事を二人で決めなければならないのでそう簡単にはいかなくなります。

とりわけシンプルライフは無関係の人から見ると、度を超えた趣味の領域とみなされる場合もあり、ミニマリストの生活についていけなくて仲違いをした、なんてことも多々あります。2人暮らしを続けるにあたっての重要な要素は「譲り合い」であることを覚えておきましょう。

ミニマリストは理想のシンプルライフよりも2人暮らしの生活の在り方を考える

ミニマリストは理想のシンプルライフよりも2人暮らしの生活の在り方を考える

ミニマリストが2人暮らしをするにあたっては、理想のシンプルライフを追い求めることも大事ですが、まずはお互いが気持ちよく快適に生活するためにはどのようなライフスタイルがいいのかを考えてください。特に若いうちの2人暮らしは自室もなければ間取りも小さく、「何も持たない生活」からは遠いライフスタイルになるかもしれません。

冷蔵庫の中身を空にしたくとも、料理をするパートナーが「それはやめて」と断ってきたらどうしましょう。ミニマリストとしての自分の意見ばかりを相手に押し付けてしまうと、当然パートナーは嫌になってしまいますので、まずはどんな2人暮らしの生活をおくることができるのか、よく話し合う必要があります。

2人暮らしをする前に、自分がミニマリストであることを伝えておく

2人暮らしをする前に、自分がミニマリストであることを伝えておく

もしパートナーが自分がミニマリストであることを知らないのであれば、必ず2人暮らしを始める前に伝えておきましょう。自分の趣味程度であれば問題も少ないのですが、シンプルライフで生活様式も変わるとなると、同棲するパートナーの生活にも大きな影響を与えます。

実際2人暮らしをする場合、どんな生活をおくりたいのか話し合うとともに、自分のいまの部屋に招き入れて、シンプルライフがどのような間取りとなるのか教えてあげるといいでしょう。

ミニマリストの2人暮らし。相手が共感してくれる振る舞いを心がけて

ミニマリストの2人暮らし。相手が共感してくれる振る舞いを心がけて

ミニマリストが2人暮らしを考えている場合、今回ご紹介したように相手にミニマリストのライフスタイルを知ってもらうように大なり小なり努力をする必要があると言えます。自分だけがシンプルライフをおくるわけにはいかないので、相手に協力してもらうのであれば、相応の準備が必要と考えてください。

多くの方の目に留まるよう、下記ボタンのクリック協力をお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる