食べることもシンプルに。ミニマリストの食事

ミニマリストは食事に関してもシンプルとは本当でしょうか?また、食事に関連する調味料、調理器具の所有数も少ないようです。今回はミニマリストの食事に関する実例を紹介したいと思います。

目次

ミニマリストは食事をルーティン化する

食事をルーティン化することによって、悩まなくて済むといった考えです。

朝はパン、卵、サラダ。

昼はコンビニで大体毎日買う物は同じ。

夜はご飯、納豆、みそ汁。

など、大まかには決めているようです。

ですが、これでは栄養が偏ってしまうので、曜日で考えるのも良いかと思います。

朝と夜は同じでも良いけれど、昼だけは毎日少し違う物を食べる。

例えば月曜日はお肉、火曜日は魚、水曜日は大豆、木曜日はお肉、金曜日は魚。

などで決めておけば、何の肉にしよう?と少しは悩みますが、大まかには決まっているので何も決まっていないよりは考える時間は少なくなると思います。

また、ゴミの日の前日は魚にする。などのルールもオススメです。

魚の臭いがするゴミを何日も置いておくのは良い気もしないので、ゴミの日の前日に魚料理をもってきたら臭い対策にもなるかと思います。

ミニマリストが持っている調味料

  • こしょう
  • 醤油
  • 砂糖
  • 味噌
  • バター

ミニマリストは専用の調味料を持たないようにしています。

例えばドレッシング。ドレッシングは油と塩コショウで作れます。

出汁もほとんどが必要無いです。野菜のうまみが出る重ね煮で十分美味しくなります。

みりんも酒と砂糖で代用できます。

それにしか使わない。などの専用の調味料は使用頻度が少ないのでいつの間にか賞味期限が切れていたりして使えなくなっていることがあるので基本的には買いません。

また、調味料は使い切れる分だけ買う。ということも大事にしています。

いくら大きい方がお得でも使いきれなかったら鮮度も落ちるし勿体ないし場所も取るので、自分が使い切れそうだなと思った量の調味料を選ぶと良いです。

家にある調味料では足りないなという料理の場合は外食を利用した方が良いです。

その時だけのために新しい調味料を買うと、次いつ使うかわからないので、せっかく買ったしまた使わなきゃ…のストレスも減ります。

ちなみに私は、ナンプラーとオイスターソースの賞味期限を二回ほど切らしたことがあり、もう絶対買わない!と誓いました!

また、お塩は本当に万能で、精製塩ではなく粗塩があればその塩だけでとても美味しいお鍋もできてしまうのです。

塩鍋は、水+粗塩。これと、野菜とタンパク質などから出る出汁で十分美味しくなり、雑炊も余計な調味料入れずこの残ったつゆだけでとても美味しいです。

昨日塩鍋をしたのですが、子供達も大好きで沢山食べてくれます。

塩は、精製塩ではなく、美味しい粗塩がおススメです。

もう一つのオススメは「白だし」です。

白だし一つで和にもなり、洋にもなり、中にもなります。

白だし+こしょう=洋

白だし+ごま油=中

実験のように何を入れても美味しくなるので、物を少なくしたければ白だしはオススメです。

調理器具も少なめに

  • フライパン
  • 片手鍋
  • 包丁
  • まな板
  • おたま(無印のシリコーンスプーンはとても便利です)
  • ザル
  • ボウル

家族の人数にもよりますが、これらが1セットあれば大抵困りません。

究極、包丁とまな板を所有せず、キッチンバサミで全て調理する方もいらっしゃいますよね。

ご自分がそれで代用できれば良いですが、まな板と包丁はやはりあった方が便利かなと思います。

フライパンは、テフロンだと焦げ付きにくかったり洗いやすかったりと便利ですが、強火で使用できない、金属のフライ返しでは傷がついてしまい劣化が早くなる。などがあるので、いつまでも使える鉄のフライパンが一つあると便利なのではないかと思います。

鉄のフライパンは洗剤で洗わなくて良い、乾かすときは空焚きできる。鉄分が摂取できる。などメリットが沢山あります。

ただ、使い慣れないと焦げ付いたりするので慣れるまでは少しだけ苦労するかも知れませんが、コツを掴めば鉄フライパンの虜になりますよ。

食器も必要な分だけ

素敵な食器を見つけたら欲しくなる私ですが、ミニマリストは食器も必要な分だけにしています。

  • ご飯茶碗
  • 汁椀
  • 平らな皿
  • 深めの皿

この1セットのみです。

この1セットを大切に使います。そして1セットだからこそ自分のお気に入りで揃えたりしてこだわります。

少ない数で自分のこだわりを詰め込む。

これぞミニマリスト。

こういうこだわりはとても大事なことだと思います。

自分のお気に入りなので、大切に使うし、シンプルにしている食事もお気に入りを使うことによって楽しみになるし美味しそうにも見えますよね。

まとめ

ミニマリストは食事に関してもやはりシンプルでした。

食事内容だけではなく、食事に関する調理器具や調味料。

本当に必要な物だけを揃えて豊かに過ごす。

生きる本当の姿をミニマリストに教えてもらっている気がします。

シンプルにしたいから。と言って、食べ物を同じものばかりにするのはあまり良いとは思えないので、食事はバランスよくシンプルに!が鉄則ですね。

多くの方の目に留まるよう、下記ボタンのクリック協力をお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる