子持ちのミニマリスト。おもちゃだらけの部屋をどうにかしたい!

ミニマリストの中には当然のことながら子持ちの方もいます。まだ小さな子供の場合はおもちゃの片付けをしてくれないで、常に部屋は物で散乱している状態。ミニマリストとしてはやるせない気持ちです。そこで、今回は子持ちのミニマリストに、おもちゃだらけの部屋をどうにかする方法をご紹介します。

目次

子持ちのミニマリストの悩める問題1位は「子供が部屋を散らかす」

子持ちのミニマリストの悩める問題1位は「子供が部屋を散らかす」

一昔前から流行っているミニマリストですが、当時独身だった男性女性が結婚して子持ちの家庭となったり、もともと子持ち家族だった30代、40代の方がミニマリストに仲間入りするケースはよくあることです。ミニマリストといえば余計な物を置かない・買わないシンプルな部屋と生活を理想としますが、子持ちの家庭を見てみると、やはり四苦八苦している様子。

その原因は子供が部屋を散らかして、リビングや寝室まで物だらけになってしまうというもの。いくらママが片付けたとしても、子供は次から次へと玩具を広げるものです。また、お父さんが子供にねだられて玩具を事あるごとに買い与えてしまったりと、「こんなんじゃミニマリストの生活はできない」とうんざりしてしまいます。

子持ちのミニマリストはシンプルライフの考え方を改めて

子持ちのミニマリストはシンプルライフの考え方を改めて

子持ちの方であっても、ミニマリストを続けることは十分可能です。ただし、独身のときのように、リビングもダイニングも寝室もすべてが自分の思い通りになるわけではありません。ミニマリストは確かに物を持たないシンプルライフがコンセプトですが、それ以上に大切なのは断捨離の概念であり、これは例え家族や子供であっても他人に押し付けるものではありません。

そのため、家族という同居人がいる以上、絵に描いたようなミニマリストの生活を手に入れたければ、必ず彼らに同意を得る必要があります。しかし、当然のことながら子供は無邪気でミニマリストを知るにはまだ早い年ごろです。

子供部屋を作り、テリトリー内であれば自由にさせる

例えば、子供部屋を作って、自分の部屋の中であれば自由に散らかしてもいい、というルールを作ってみてはいかがでしょうか。その代わり、リビングや他の部屋にはおもちゃを持ち込まない、と言いつけることができれば、お互いが納得することができるのではないでしょうか。子供だって自分流の部屋作りをしたいものです。子持ちのミニマリストならではのシンプルライフを築いてみてください。

子持ちのミニマリスト必須!おもちゃの数を決める

子持ちのミニマリストが懸念するもう1つの問題が「おもちゃがどんどん増えていく」というもの。子供がかわいいあまり、つい買い与えてしまったり、ショッピングセンターで駄々をこねるので仕方なく買ってしまった、なんてこともあるでしょう。そこでおすすめしたいのが、「おもちゃの数を決める」というものです。例えばおもちゃの数を20個と決めたら、新しいおもちゃを1個買う場合は、1個捨てるといった風にすれば、おもちゃが増えることはありません。

おもちゃは整理しすぎない!子供の脳の発育に影響を及ぼす

おもちゃは整理しすぎない!子供の脳の発育に影響を及ぼす

子持ちのミニマリストに注意してほしいのは、子供のおもちゃを捨てすぎない、整理しすぎないことです。昨今の子供のおもちゃは知育グッズも多く、子供の創造力や論理的思考力を伸ばすことに役立つものとなります。そのため、あまりにおもちゃの数を制限してしまって遊びの幅を狭めてしまうのは、子供の発育に影響が生じるかもしれません。

子持ちのミニマリストは子供を第一に考えて

子持ちのミニマリストは子供を第一に考えて

子持ちでもミニマリストやシンプルライフを続けることは十分に可能です。しかし、自分のライフスタイルの確立よりも、大切なのは子供の成長です。まずは子供が伸び伸びと遊べる環境づくりを整え、その上でミニマリストとしての自分の生活を考えるようにしましょう。

多くの方の目に留まるよう、下記ボタンのクリック協力をお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる