ミニマリストはデジタルノマドで自由な生き方を選んでみては?

ミニマリストはデジタルノマドで自由な生き方を選んでみては?

2010年代後半頃から流行りを見せている「デジタルノマド」というワード。新型コロナの影響でテレワークも進む中、「ノマド化の加速」が背景にあるようです。ミニマリストとしての新しい生き方、ライフスタイルとしてデジタルノマドを体験してみませんか。いままでの生活が180度変わるかもしれませんよ。

目次

ミニマリストの代名詞となるかも?デジタルノマドとは

ミニマリストの代名詞となるかも?デジタルノマドとは

昨今ネットニュースなどでも度々話題となる「デジタルノマド」。ノマド自体は一昔前から存在する言葉で、いわゆる特定の職場を持たない、会社に属しない人達がフリーで生きるライフスタイルとなります。一方でデジタルノマドは、ITを駆使して、パソコン一台で収入を得るノマドワーカーを指します。IT時代を如実に表現したライフスタイルで、昭和の時代には到底考えられなかった働き方・生き方ですね。

ミニマリストにおすすめできるデジタルノマドのライフスタイル

ミニマリストにおすすめできるデジタルノマドのライフスタイル

しかし、「パソコンで稼ぐ」といっても昨今はITの多様化を受けて、幾通りのビジネスチャンス、及びライフスタイルを検討・選択することができます。では、ミニマリストにおすすめできるデジタルノマドの生き方というのは、どういったものなのでしょうか。

カフェでコーヒーを飲みながらスタイリッシュなデジタルノマドワーカーに

まず、最もオーソドックスなデジタルノマドのライフスタイルが「カフェ」です。一昔前はスタバでパソコンを鳴らす人に対して、「意識高い系」などと揶揄する人も少なくありませんでしたが、現在はそういったことも耳にしないほど日常化してきた様子です。

カフェは元々西洋文化圏ですが、昭和の純喫茶から多様化し、令和の現在は本当に多くのお洒落カフェを見ることができるようになりました。ミニマリストとしてのシンプルライフにもぴったりですし、転職を考えている方は、一度会社を離れてカフェで仕事をする自由なライフスタイルを手に入れてみませんか。

田舎生活・海外移住にも手が届く!ミニマリストのデジタルノマドの生き方

田舎生活・海外移住にも手が届く!ミニマリストのデジタルノマドの生き方

コロナウイルスやノマドワーカーの急増を受けて、国内の田舎に還り、自然と共に生きるノマドワーカーが増えてきました。ミニマリストの中にも、日本の現代社会に異議を唱えて、田舎移住を選択している人もいることでしょう。電波を受信できてネット環境があれば、どこでも仕事ができて生活ができるのがデジタルノマドの魅力。ミニマリストの考え方と共感できる点も多々あることでしょう。

また、昨今は海外移住の敷居もぐっと低くなりました。特に日本のパスポートは無敵とも称されていて、大抵の国はビザなしの入国(観光目的)ができます。一度観光で入国して、その国が気に入ったらビザを取得して中長期に住むことも容易です。もちろん海外であってもネットさえ繋がっていれば日本との垣根はありませんので、海外に居ながらにして日本企業とビジネスをすることもできます。

ミニマリストのデジタルノマドの仕事。どんなビジネスが転がってる?

ミニマリストのデジタルノマドの仕事。どんなビジネスが転がってる?


ミニマリストがデジタルノマドに就くことを選んだ場合、パソコンで完結できて、なおかつ出社の必要もない仕事を探すことになります。「WEBライター」、「グラフィックデザイン」、「コンサルティング」、「マーケティング」、「サイト運営・制作」、「翻訳」、「カメラマン」などが主な仕事となります。

特別な資格やITの知識も必要なし!デジタルノマドの代表「WEBライター」

企業が営利目的にWEBサイトを運営する際、Google検索の上位にランクインするためのSEO対策が必須となります。このSEO対策の内、最も重要なポジションを占めるのが「WEBライター」です。ほとんどの記事はネットで得た情報で書くことができるので、特別なスキルも必要ありません。単価はそれほど高くないので、月に数万円程度からはじまりますが、徐々に顧客を増やしていくことによって、記事単価もそれなりに上がってくるはずです。

ミニマリストもデジタルノマドの時代に。一度将来設計を見直してみるのも

ミニマリストもデジタルノマドの時代に。一度将来設計を見直してみるのも

「会社で正社員」が当たり前の時代はすでに終わりを告げています。今後はさまざまなお金の稼ぎ方、仕事の仕方が登場することでしょう。ミニマリストとして現在普遍の生活をおくっている方も、今一度自分の将来設計を見直してみて、人生の中で一度くらい職場にとらわれないデジタルノマドを体験してみてはいかがでしょうか。

多くの方の目に留まるよう、下記ボタンのクリック協力をお願いします。

ミニマリストはデジタルノマドで自由な生き方を選んでみては?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる